実用アラビア語検定について


●第10回検定
(試験は終了しました。参考までに第10回検定の願書概要を
掲載しておきます。)


試験日時 2016年10月16日 (日)
願書受付期間 受付終了
試験会場 東京  大阪  
実施級 6級 5級 4級 3級

検定料  
【6級】 4,000円    【5級】 4,000円    【4級】 5,000円  
【3級】 7,000円 


東京
試験時間 開場 開始 終了
6級 9:10 9:30 10:45頃
5級 11:15  11:30 13:00頃
4級 13:10 13:30

15:00頃

3級(筆記) 9:00 9:20 11:00頃
3級(面接) 受験生の併願級の試験時間を避けて、午後4時までに実施


大阪

試験時間 開場 開始 終了
6級 9:20 9:45 11:00頃
5級 11:15  11:30 13:00頃
4級 13:10 13:20

15:00頃

3級(筆記) 9:20 9:30 11:10頃
3級(面接) 受験生の併願級の試験時間を避けて、午後4時までに実施

(筆記試験は30分以上経った場合の入室はできません)

・辞書類持ち込み不可
・筆記試験と聞取り試験は続けて行います。

受験票
10月7日発送済。
試験結果
11月4日(金)発送済。しばらくしても届かない場合は事務局に連絡ください。


●申し込み方法

願書(ここをクリック)を各自印刷、受験料を郵便局にて振込、その上で、願書と振替領収書(写し可)
を当会まで送付してください。

●受験資格

どなたでも受験できます。

●各級のレベル内容および出題内容

6級 文法

習得語彙数:500程度。初歩的な短文を組み立てられる文法知識。名詞・形容詞の格変化、双数形、複数形の変化、形容詞の比較・最上級、動詞の完了形と未完了形、命令形の範囲。kana、laysaの変化形。

読む

初歩的な単文を文法的に分析でき、文章を理解できる。簡単なやり取りを理解できる。

聞く

挨拶をはじめとする初歩的な表現、文を聞き取れる。単純な数を聞き取れる。

書く

初歩的な単語が書ける。

5級 文法 習得語彙数:800程度。基礎的な文法を理解している。接続詞や関係句の把握。動詞の接続形、短形(要求形)の範囲。派生動詞や動詞の規則変化以外(くぼみ動詞、弱動詞など)も部分的に対応できる。
読む 基礎的な単文を文法的に分析でき、文意を理解できる。800語の範囲内のやりとりを理解できる。

聞く

基礎的な表現、文を聞き取れる。日付、時間等を含む数を聞き取れる。

書く

自己紹介文が書ける。

4級 文法 習得語彙数:1500程度。不規則な動詞の変化形に加え、派生動詞の変化形も語根からひく辞書で見つけることができる。
読む 簡単な複文を含む学習者向けレベルの文章を辞書を使って、読解できる。

聞く

簡単な朗読文や会話文の内容を理解できる。

書く

辞書を用いて簡単な内容のアラビア語訳ができる。

3級 文法 習得語彙数:2000程度。動詞の全変化形を自由に変化させることができる。頻度の高い動詞と前置詞の熟語を理解している。
読む 新聞・雑誌の平易な文章を、辞書を使って読解できる。

 聞く

簡単なニュースや、朗読文の内容を理解できる。

書く

必要な単語・表現を与えられれば、様々な分野のアラビア語訳ができる。

話す

自分の意思を定型表現をアレンジして表現できる。

2級 文法 習得語彙数:3000程度。動詞の派生形を使いこなせ、一般的な動詞と前置詞の熟語を網羅している。
読む 新聞・雑誌の一般的な内容を理解できる。
聞く 専門的な表現を除いて、一般的なテーマのナレーション、講義などが理解できる。キーワードが与えられれば、ニュースほぼ理解できる。

書く

平易な文章なら、辞書を用いず書く分野のアラビア語訳ができる。また、3000語外の必要なキーワードを与えられれば、各分野の文章をアラビア語訳できる。

話す

スピーチが作成できる。一般的なテーマなら各分野の会話がこなせる。また、ニュース等で聞いた内容、新聞等で読んだ内容を、簡潔に口頭で要約できる。

1級 文法 習得語彙数:4000以上。動詞の派生形を使いこなせ、一般的な動詞と前置詞の熟語を網羅している。
読む 新聞・雑誌の論説を含め、高度な内容の文章を理解できる。
聞く 高度なテーマのナレーション、講義などが理解できる。ニュースをほぼ理解できる。

書く

一般的な文章なら、辞書を用いず各分野のアラビア語訳ができる。

話す

スピーチが作成できる。各分野の会話がこなせる。また、ニュース等で聞いた内容、新聞等で読んだ内容を、自分の言葉で詳しく説明することができる。


6級は大学の週に2回の授業で1年間の学習相当(100時間)、5級は大学の週に2回の授業で2年間の学習相当(200時間)と見ていますが、各校の進度によって異なりますので、おおまかな目安として参考にしてください。

1級及び2級の実施は、3級合格者の数がある程度に達した際に実施することを考えております。

このページのトップへ

●合格基準

   筆記、聞き取りともに60パーセント以上正解すること。1級〜3級の2次試験
(口頭試験)においては、協会の定めた一定基準に達成していること。


●試験内容
○1次試験(筆記、リスニング)

6級

筆記(50-60分) リスニング(約20−30分)

5級 筆記(50-60分) リスニング(約20−30分)
4級 筆記(60分−70分) リスニング(約30−40分)
3級 筆記(70-90分) リスニング(約30-40分)
2級 筆記(未定) リスニング(未定)
1級 筆記(未定) リスニング(未定)

*聞き取り試験は、アラビア語ネイティブが話す録音テープを用います。

○2次試験(1級 2級 3級のみ) 
アラビア語を母語とする教師および日本人試験官による口述試験。

●併願

併願は可能です。但し、6級と3級の併願はできません。


●合格通知

11月4日発送済。


●合格証書

合格者には、合格通知とともに、合格証書を発行し郵送します。



●受験に際しての注意事項

  • 一度申し込まれた級・受験地の変更、検定料の返還、受験日の延期は一切受け付け致しません。
  • 受験票が届きましたら、受験地・級をご確認下さい。間違いがあった場合はすぐに協会へ連絡ください。
    但し、俗字・旧字など文字によっては正しく表記出来ないものもありますのでご了承ください。
  • 電話、Eメールなどによる合否・採点内容に関するお問い合わせはご遠慮下さい。
  • 辞書類の持ち込みは禁止です。
  • 当日は受験票、筆記用具、顔写真つき身分証明書を持参ください。
  • 試験中は、携帯電話などは必ず電源をお切り下さい。
  • 喫煙は指定の喫煙場所でお願い致します。
  • 教室内での飲食は固くお断りします。
  • 原則として、試験中の退室は認められません。遅れての入室は30分までです。
  • その他、不正行為が発覚した場合は、退室していただきます。
Copyright (C)2007 Japanese Organization for Arabic Language Examinations.All Rights Reserved.